スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.11.12/帰国

とうとう帰国。。。
ちょうどクリスマスシーズンが始まる頃だったので
あの、有名なクリスマススイーツの「シュトーレン」を
スーパーでしこたま買い込もうと思ったのに、帰国前日の日曜日、
ベルリンではどこのスーパーのお休み!
(首都なのに、このやる気のなさ!←でも、そこが素敵。。。)
あ〜あ、ってがっかりしてたけど
フランクフルト空港で売ってましたモグモグ
ナイス、免税店!(でも、やっぱりスーパーよりは高め。。。)



セントレア行きのゲート近くのお店は日本人の団体さんだらけ。
日本人のおじさんが、ショップの店員(もちろんドイツ人)に
なんユーロか見せて、「これ(お金)でこのチョコ何個買える?」って
日本語で聞いてて、びっくりした(笑)
中年、強い。
(店員さんも慣れてるのか、なんとなく雰囲気で受け答えしてた。)

それよりも、ベルリンのテーゲル空港でセントレアまでチェックインしたのだけど
フランクフルトーセントレア間の空席がないと言われ、
同行人の席が確保できず。。。

行きもドレスデン行きのフライトがキャンセルになって電車移動。
帰りもオーバーブッキングで席とれず。
ルフトハンザ、ちょっとやばしす。。。

まあ、フランクフルトで何の問題もなく、席を確保できましたが。
飛行機トラブルはあまりなかったので、いい経験になりましたひらめき









ルフトハンザにはさんざんだったけど、機内食は絶品ディナーラッキー
そんなんで、もう嫌な事は忘れてすっかりご機嫌ニコニコ

となりの日本人のおばさん、
機内のドリンクサービスに来た客室乗務員(もちドイツ人)に
「ワインの赤!」(日本語)って注文しててまた、笑えた。
やっぱり全然通じてないし。(笑)
でも、私も中年だったら、同じように日本語で注文する。間違いなく。